少額減価償却資産の税務処理

少額の減価償却資産を取得等したとき、事業に供した事業年度に損金算入することができます。
取得した資産により取扱いが異なりますので注意が必要です。

  1. 10万円未満の少額減価償却資産
    全額を損金算入できます(即時償却)。※償却資産税の申告は不要です。
  2. 20万円未満の一括償却資産
    3年間で均等償却できます。※償却資産税の申告は不要です。
  3. 30万円未満の少額資産(中小企業者等の特例)
    全額を損金算入できます。※償却資産税の申告対象

【注意点】

  • 上記(1)及び(2)の適用を受ける資産を除く
  • 一事業年度の取得価額の合計額は300万円を限度とする
  • 特別償却などと重複適用不可
  • 中古資産も対象

※掲載内容につきましては、情報の提供を目的として、想定される一般的な法律・税務上の取り扱いを記載しております。このため個別条件により掲載内容とは異なる取り扱いがされる場合がありますのでご留意ください。実行にあたっては、税理士等と十分にご相談のうえ、ご自身の責任においてご判断くださいますようお願い申し上げます。

その他の税務&会計お役立ち情報

Comments are closed.