売掛金の管理

  • 売掛金の未回収は資金繰りに大きな悪影響を与えてしまいます。
  • どの得意先に、いくら売掛金が発生し、未回収残高がいくらか、といったことをタイムリーに把握できるよう、自社の売掛金管理を見直す必要があります。

【得意先ごとの売掛金残高の把握】
商品の引き渡しがあったら、納品書や請求書を元に得意先元帳、売掛台帳などの補助簿を作成します。
補助簿の作成により、得意先毎の前月残高、当月発生、当月入金、当月残高などの情報をタイムリーに把握することができます。

【売掛金を得意先別に管理する効果】

①売掛金の回収予定がわかる ⇒ 資金繰り対策に繋がります。

②請求漏れを防止できる / 誤請求も防止できる。

③回収漏れが発見しやすくなる。

【自社の売掛金管理体制チェックリスト】

☑ 商品の引き渡し時に売掛金を計上していますか?

☑ どの得意先に、いくらの売掛金残高があるか把握できていますか?

☑ 予定日に入金がなかった場合に、その事実を発見できますか?

☑ 滞留売掛金について、得意先に連絡をとり、回収の約束を取り付けていますか?

 

※掲載内容につきましては、情報の提供を目的として、想定される一般的な法律・税務上の取り扱いを記載しております。このため個別条件により掲載内容とは異なる取り扱いがされる場合がありますのでご留意ください。実行にあたっては、税理士等と十分にご相談のうえ、ご自身の責任においてご判断くださいますようお願い申し上げます。

その他の税務&会計お役立ち情報

Comments are closed.